野球のバッティングでは強打や長打が必要です

野球バッティング上達
野球上達DVD

今回の記事タイトルは「野球の使用ボールでも考え方が違う指導者」もいます。

例えば、ある程度の筋力が付いて、ボールを叩きつけると、よりボールが高くバウンドしたり土のグラウンドでバウンドの軌道が変化しやすい中学軟式野球では、わざと強いゴロを打たせる様な指導者もいます。

しかし、ボールが硬球になり野球のレベルが上がってくればそういった方法は通用しなくなるんですね。

ダウンスイングで、ボールを点で捉えるのは難しくなりますし、硬球では軟球ほどの弾みはしません。

軟式ボールで140km投げれれば、硬式ボールでは150km以上出ます。

 

そして、野球は内野安打よりも外野へのヒットが圧倒的に多いという事実が高校野球で証明されています。

内野安打になりやすい打球や、内野間を抜ける打球はやはり強い打球ですよね。

また外野への安打数が圧倒的に多いのも、やはり野球では強打や長打力が必要な事を証明しています。

 

2014年の第86回選抜高校野球大会での安打データ

  • 投安 17本
  • 捕安  0本
  • 一安  4本
  • 二安 15本
  • 三安 13本
  • 遊安 19本
  • 左安 178本
  • 中安 180本
  • 右安 149本

というデータが出ています。

内 ・・・

  • 単打 445本
  • 二塁打 92本
  • 三塁打 25本
  • 本塁打 13本

です。

内野安打では圧倒的にサードからセンター方向への安打、もしくはピッチャー返しの安打が多いです。

  • 内野安打は合計68本
  • 外野へ抜けた打球は合計507本

と外野へのヒットの方が7倍以上というデータが出ています。

 

この事からも、強打のバッターの方がヒットを量産しやすいという圧倒的な結果が分かると思います。

プロ野球でもバットコントロールが上手く、三遊間や二遊間を抜くゴロを打つのが上手い選手が、ソフトバンクホークスの内川選手ですね。

しかし、その様な内川選手はホームランも打てるバッターという事を忘れてはいけません。

 

当たり前かもしれない強打が打てるバッターの方が有利だという内容でしたが、こうやって実際に数値化すれば、それが如実に分かりますよね。

甲子園常連校の中には、強打を身に付けるために筋トレをメインに行う"智弁和歌山"(智辯)の様なチームもあります。

"智弁和歌山強打の秘密" なんて言われていますよね

そのくらいパワーが大事だという事につながります。

しかし、そのパワーも、きちんとしたバッティングフォームやバッティング技術がなければ、100%活用する事が出来ません。

迷いなく、しっかりと振れるスイングは、きちんとしたバッティングフォームありきだと言う事なんですね。

  • ボールにバットが当たらない
  • スイングが振り遅れる
  • ボールがきちんと飛んでいかない

この様な原因は、バッティングに問題があるんですね。

↓ 野球が格段に上達するプロ野球選手が指導してくれるDVD特集 / 理論・形・動作・練習
野球上達DVD
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Choix it!

関連記事

コメントは利用できません。

人気の野球DVD「プロ直伝の動画で上達」

野球DVD

何故?私の息子はドラフトで指名されたのか?

野球上達コラム記事一覧

野球コラム

熱闘甲子園!名勝負数え唄

甲子園のアルプススタンドで南ちゃんを探せ!

甲子園チアリーダー画像

当サイトは女性の野球人も応援しています!

女子野球

野球関連の動画集

野球動画

ダイヤのエース -Ace of Diamond- 動画集

ダイヤのA動画

プロ野球ブックメーカー 徹底ガイド

プロ野球ブックメーカー

大人気!バファローベルのフィギュア/楽天市場

あだち充 最新野球漫画 MIX / 楽天ブックス

ページ上部へ戻る