古田敦也がキャッチャーとしての盗塁阻止のスローイングを伝授

キャッチャースローイング
野球上達DVD

プロ野球生活での盗塁阻止率が.644と6割越えの古田敦也がキャッチャーの盗塁阻止をするスローイングを伝授してくれます。

ランナーがいれば、当然警戒するのが盗塁ですね。

一塁から二塁へと盗塁が決まればスコアリングポジションにランナーが進みますので、相手の得点確率がグンと上がります。

またゲッツーも狙えませんしヒット1本分の価値がある盗塁は阻止して相手の芽を摘みたいのが 「キャッチャーの盗塁阻止」 の方法となります。

もちろん、ランナーの盗塁阻止では、ピッチャーへのけん制のサインや投手のクイック、クセを読まれるなど様々な要素があります。

が、今回はキャッチャーのスローイングにフォーカスが当たっている動画となります。

キャッチャーがボールを捕球してからセカンドへ送球するまでの間の時間を短くする技術という訳ですね。

1.8秒~1.9秒という2秒以内で行う事が出来れば捕手としての送球は一流!

今回の動画では単純な捕手のスローイングだけではなく ・・・

ショートバウンドの対処方法も教えてくれますので必見ですよ ♪

捕手がランナーの盗塁を阻止するスローイングのポイント

  1. 捕球しやすい体勢で構える
  2. ランナーが走るのが視界に入れば、気持ち体を前に移動する(前方へ重心を移動させる)
  3. 捕球と同時に右足⇒左足の順にステップを踏む (キャッチャーの基本のスローイングステップ動作)

キャッチャーが盗塁を刺す要素

  • 正確に投げる
  • 素早く投げる
  • 強く投げる

キャッチャーで大きなミットを使うメリットとデメリット

メリットはミットの捕球幅が大きくなるので、パスボールがしにくい事。

これは変化球を多用したり、変化の曲がりが分からないナックルボーラー投手の場合に使用するキャッチャーもいます。

逆にデメリットは、やはり捕球後に素早くボールを掴めない事があるという事ですね。

ですので、ランナーがいる場合で盗塁を警戒する時には、ミットに深いポケットで捕球するのではなく 「手のひら」 で捕球する必要がありますね。

キャッチャーのワンバウンド (ショートバウンド) の対処方法

ボールのバウンド距離が長くなれば、その分跳ね方が大きくなったり、横に流れたりするので、体を前に持っていきワンバウンドに飛び込む感覚で捕球を行う。

関連記事

⇒ 守備の要である捕手のキャッチングの極意とは?

キャチャーの上達練習方法とは?

↓ 野球が格段に上達するプロ野球選手が指導してくれるDVD特集 / 理論・形・動作・練習
野球上達DVD
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Choix it!

関連記事

コメントは利用できません。

人気の野球DVD「プロ直伝の動画で上達」

野球DVD

何故?私の息子はドラフトで指名されたのか?

野球上達コラム記事一覧

野球コラム

熱闘甲子園!名勝負数え唄

甲子園のアルプススタンドで南ちゃんを探せ!

甲子園チアリーダー画像

当サイトは女性の野球人も応援しています!

女子野球

野球関連の動画集

野球動画

ダイヤのエース -Ace of Diamond- 動画集

ダイヤのA動画

プロ野球ブックメーカー 徹底ガイド

プロ野球ブックメーカー

大人気!バファローベルのフィギュア/楽天市場

あだち充 最新野球漫画 MIX / 楽天ブックス

ページ上部へ戻る