フォアボールとホームランの関係

野球四球
野球上達DVD

今回は、四球というフォアボールが多くて出塁率が高い選手についての考察記事です。

野球でフォアボールが多いという事は 「選球眼」の良さ」 という条件は外せません。

それでは、選手のタイプはどうでしょうか?

タイプ1

四球が多い選手のタイプの一つとして 「最初から出塁を前提」 とする選手がいます。

ストライクの際どい所はカットして粘って四球を選ぶタイプですね。

以前の甲子園では 「カットマン」 として賛否両論の話題になった選手がいましたね。


タイプ2

ストライクでの勝負がしにくいバッターです。

強打者というパワーヒッタータイプに多く、日本のプロ野球では力が強い外人選手に見られますね。

楽天で言えばAJ (アンドリュー・ジョーンズ)だったり、オリックスではペーニャだったりと ・・・

打率は高くないけど、四球で出塁率が高い選手ですね。

こういった選手はホームランが打てるので、ピッチャーとしては、絶対に甘いコースへ投げられないんですね。

普通にヒットならば、ランナー一塁で済みますが、ホームランとなれば失点になりますからね。

ですので、警戒し過ぎたり、意図したボールを振ってくれなかったりします。

特に外国人バッターは手足も長くて身体能力も高いので、通常の日本人バッターが届かない様なコースでも届きます。

甘いストライクコースに失投ができないので、どうしてもストライクが入りにくくなるんですね。


通常、アウトローのコースで空振りが取れても、外国人バッターには届いてしまう。という事ですね。

そうなってくれば、ストライクからボールになる球で勝負したいのですが、なかなかその出し入れや、振ってくれるまでのボールのキレがないので、四球になってしまう。という事です。

逆に、ストライクからボールになる球を振ってくれる。という事は、それだけボールにキレがあるためにピッチャーとしては一流の証です。

特にメジャーへ挑戦して活躍できる投手は、そういった球種で空振りが取れるので活躍できるという事です。

  • 野茂秀雄のストライクからボールへ落ちるフォーク
  • 田中将大の同様のスプリット
  • ダルビッシュ有のスライダー

なども、ストライクからボールへ逃げる球でもメジャーのバッターから空振りが取れるのは、初速が速くてバッターの手元でしっかりとボールへ逃げるから空振りが取れます。

それだけ、生きたボールで球にキレがある。という事ですね。

また、ボールのキレだけでなく、投球フォームも関係してきます。

よく、ピッチャーで打者から見て 「ボールの出どころが分からない」 や 「ボールの出どころが見えにくい」 という投手も、バッターからは実際の球速以上の体感速度があるために、振り遅れたり、意図しなかったボールを振らされたりしてしまいます。

そういった、ボールの出どころが見えづらい投球フォームを身に付けたい場合には ・・・

⇒ 打者のタイミングをずらす打ちにくい投球フォーム作りと下半身の使い方 の記事も参考にしてみて下さいね。

↓ 野球が格段に上達するプロ野球選手が指導してくれるDVD特集 / 理論・形・動作・練習
野球上達DVD
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Choix it!

関連記事

コメントは利用できません。

人気の野球DVD「プロ直伝の動画で上達」

野球DVD

何故?私の息子はドラフトで指名されたのか?

野球上達コラム記事一覧

野球コラム

熱闘甲子園!名勝負数え唄

甲子園のアルプススタンドで南ちゃんを探せ!

甲子園チアリーダー画像

当サイトは女性の野球人も応援しています!

女子野球

野球関連の動画集

野球動画

ダイヤのエース -Ace of Diamond- 動画集

ダイヤのA動画

プロ野球ブックメーカー 徹底ガイド

プロ野球ブックメーカー

大人気!バファローベルのフィギュア/楽天市場

あだち充 最新野球漫画 MIX / 楽天ブックス

ページ上部へ戻る