中学硬式野球の投手のトレーニングと投球フォーム

ピッチャー球速アップ
野球上達DVD

中学で部活の軟式野球でなく、硬式野球チームに所属している選手の多くの目標は

  • 甲子園へ出場する事
  • プロ野球選手になる事

がメインだと思います。

 

しかし、中学生のピッチャーにはやはり硬球のボールは「肩や肘に負担がかかってしまいます」

その無理や負担が積み重なってしまえば、高校で肩や肘を故障するピッチャーは少なくはありません。

ですので、特に中学から硬式野球に取り組みピッチャーをするならば ・・・

  • きちん投手としての体のケアそ知る事
  • 体に負担をかけにくいピッチングフォームを覚える事
  • 投手としての練習トレーニングを知りスキル球速アップを図る事

が、ピッチャーとして怪我を予防しながら、ピッチャーとしての能力アップを行なう事が大事です。

肘や肩を怪我して故障する様な"投球障害"になれば、野球そのものを諦めなければいけないという事も十分にあり得ます。

 

2014年の今年、中学硬式野球の投手の投球制限に関するガイドラインが決められました。

本格的な導入は2015年からで、今年は移行していく年となります。

投球制限に関するガイドラインは、中学硬式野球をする本人の野球生命を守るためにも良い事ですね。

しかし、高校野球ではまだこの様な投球制限に関するガイドラインは設けられていません。

ですので、中学生の時からしっかりと体への負担が少ない投球フォームを身に付けるべきではないでしょうか?

 

中学硬式野球の投球制限に関する統一ガイドライン

試合での投球制限

  • 1日7イニング以内で連続する2日間では10イニング以内
  • 1日に複数試合に登板、もしくは連続する2日間で合計5イニング(5イニングまで可)を超えて投げた投手は、翌日に投手と捕手での出場は出来ない
  • ※ 回途中の1/3 ・ 2/3イニングは1イニングとカウントされる

練習での投球制限

  • 1日70球以内
  • 1週間で350球以内
  • 週に1日以上は全力で投球しない日を設けること

中学硬式野球選手の障がい予防のための指導者の義務

  • 複数人の投手と捕手を育成すること
  • 肩や肘の痛みがある選手の投球動作の変化に気を付ける(痛みがある部位をかまって投げていないか)
  • 選手の故障歴の把握と適切な治療を受けさせ、ウォーミングアップとクールダウンに対する選手の意識を高めること
  • 体が出来上がっていない事を認識して、現状の体力レベルでの体力作りを図ること
  • 運動障害に対して指導者自身が知識を高める事に努める

中学硬式野球で投球障害を起こさないピッチャーのトレーニング方法

投手としての肘や肩を壊さないトレーニング方法と球速アップトレーニング

↓ 野球が格段に上達するプロ野球選手が指導してくれるDVD特集 / 理論・形・動作・練習
野球上達DVD
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Choix it!

関連記事

コメントは利用できません。

人気の野球DVD「プロ直伝の動画で上達」

野球DVD

何故?私の息子はドラフトで指名されたのか?

野球上達コラム記事一覧

野球コラム

熱闘甲子園!名勝負数え唄

甲子園のアルプススタンドで南ちゃんを探せ!

甲子園チアリーダー画像

当サイトは女性の野球人も応援しています!

女子野球

野球関連の動画集

野球動画

ダイヤのエース -Ace of Diamond- 動画集

ダイヤのA動画

プロ野球ブックメーカー 徹底ガイド

プロ野球ブックメーカー

大人気!バファローベルのフィギュア/楽天市場

あだち充 最新野球漫画 MIX / 楽天ブックス

ページ上部へ戻る