ファーストでショートバウンドやハーフバウンドを捕球するコツ

ファーストショートバウンド
野球上達DVD

打球が飛んで来る機会が少ないけれど、ボールの送球を受ける機会が多いのがファースト(一塁手)の特徴となります。

ファーストを始めたばかりの場合には、内野手からの送球に対応するのが難しいのではないでしょうか?

多少、逸れる送球くらいならば良いのですが ・・・

  • ショートバウンド
  • ハーフバウンド

といったワンバウンド送球ですね。

内野手は、暴投して届かない様な送球だけは投げれませんので、送球がワンバウンドになる事も少なくはありません。

また、様々な体勢から送球する事もあるので、送球したボールがしっかりと届かずにバウンドする事もあります。

そして、サードからファーストなどでは、送球距離があるために、ワンバン送球を指導している少年野球指導者もいると思います。

ワンバン送球でも、きちんとした捕りやすいワンバンならば、ファーストも捕球しやすいのですが、中途半端になるワンバンは捕りにくいです。

それでは、ファーストがワンバウンドを捕るコツです。

ファーストでショートバウンドを捕るコツ

ショートバウンドは、なるべくバウンドした瞬間をすくい上げる様に捕ります。

ようは、送球されたボールがワンバウンドになって跳ね上がる瞬間ですね。

バウンドする瞬間に合わせてグラブをすくい上げるとうまく捕球できます。

これは、逆シングルでも同様にバウンドして跳ね上がる瞬間をキャッチします。

この瞬間を逃すと、捕りにくいです。

その理由は、バウンドする高さが分からない、また少し横に逸れてバウンドする可能性もあるからです。


ファーストがハーフバウンドを捕るコツ

今度は、ハーフバンドいついてです。

捕りやすいハーフバウンドは良いのですが、捕りにくいハーフバウンドもあります。

捕りにくいのは、上記のワンバウンドの跳ね上がる瞬間にグラブ (ファーストミット) が届きそうにない様な中途半端なバウンドですね。

これは、体を下げて (引いて) バウンドを見極めてから捕りに行く方が良いです。

ですが、ファーストはベースより体を下げてラインよりもファールゾーンに入ればランナーと交錯したり走塁妨害になります。

ですので、どうしても難しいと判断した場合や、ランナーがいる場合には、無理をせずに一塁ベースから足を放して、しっかりとボールを捕りに行きましょう。

ボールが後ろへ逸れれば、累上のランナーはホームに帰り失点になるケースもありますし、打ったバッターは二塁へ到達してしまいます。

内野手の悪送球から後逸という2エラーでなく、悪送球のみの1エラーにする。という事ですね。

ファーストの野球あるある (笑)


野球はスポーツですので、しっかりと反復練習をして体に覚えさせる事が大事です。

そういった、正しい守備の足運びや、ステップ、内野守備の練習方法や内野守備の上達方法は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 野球守備上達練習方法を元プロ野球選手コーチが教えてくれます

↓ 野球が格段に上達するプロ野球選手が指導してくれるDVD特集 / 理論・形・動作・練習
野球上達DVD
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Choix it!

関連記事

コメントは利用できません。

人気の野球DVD「プロ直伝の動画で上達」

野球DVD

何故?私の息子はドラフトで指名されたのか?

野球上達コラム記事一覧

野球コラム

熱闘甲子園!名勝負数え唄

甲子園のアルプススタンドで南ちゃんを探せ!

甲子園チアリーダー画像

当サイトは女性の野球人も応援しています!

女子野球

野球関連の動画集

野球動画

ダイヤのエース -Ace of Diamond- 動画集

ダイヤのA動画

プロ野球ブックメーカー 徹底ガイド

プロ野球ブックメーカー

大人気!バファローベルのフィギュア/楽天市場

あだち充 最新野球漫画 MIX / 楽天ブックス

ページ上部へ戻る